スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【それXXさんに聞いてみよう】 最終回

1月から企画・実行してきました
それXXさんに聞いてみよう!という企画
対策室さんからすごい大物の方にインタビューできました。
(実は2月から丁寧に準備をしていたので、10ヶ月かかりましたw)

僕らは、自分達で市を作るという考え方で
誰か任せにするだけでもなく、批判をするだけでもなく
自分達で自立して問題に取り組み、行政と放射線の問題に向き合ってきました。

この同じ方向を見て、市民も自分達の町の為に行動するということは
簡単に見えてなかなか難しいところでした
最初に「市民税はらってるから、市役所が全部したらいい」という考え方が
誰しも思い浮かぶからです。

しかし規模や人口に対してできることを考えると
自分達のニーズにあった、細かい対処は市役所+市民の形でなければ
なしえない時代になってきたんだと気がつきました。

人口減少の問題や経済低迷の問題もありますが
一人ひとりが忙しくなり、何に時間を割くかは重要な選択になりました。

ただ、まるっといってしまうと
これまでの行政と市民のあり方ではなく、変化できなかったところから
つぶれていく時代になってきたんだと思います。

行政は他人ではなく、その辺にいる市民が集まって運営してます。
問題があるときに、その運営にやらせるというのではなく、そこと協力して乗り切るという
頭の変化が必要なときだと思います。

町内会やいろんな地域の団体さんが、今回の「放射線」の問題では
自ら動いてくれています。
この時代に、都市部では異例の「協働」を成功させました。
これは、誰の手柄でも、誰が得するでもなく、「柏市民の変化」だと思います。

そして、今後の柏市にとって、行政の方の変化も大きなポイントです。
ともに歩む行政への変化を、お互いが意識して歩み寄ることが未来への財産だと思います。

柏市行政の方とのお話の中で
その思いや、人となり、変化の可能性を皆さんの客観的な目線で
感じていただきたく、、、

それ、XXさんに聞いてみよう! 最終回です。
どうぞご覧ください。







撮影にあたり、現職の市長さんということもあり、
多くの方にアドバイスや調整でご協力いただきました。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。
スポンサーサイト
プロフィール

わんわん情報局

Author:わんわん情報局
FC2ブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。