スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【外部イベントのお知らせ】 4月20日(金) 「自分たちの手で柏の未来を」 

外部イベントのお知らせです。

4月20日(金) 19:00~20:30

アミュゼ柏、クリスタルホールにて

「自分たちの手で柏の未来を」の中で
私、川田が講師をさせて頂きます。そして
シンポジウムでは時間とれなかった
具体的な除染や計測の仕方やノウハウについて
お話することになりました。

(メイン講演は武田邦彦先生です)

とにかく、より具体的に
どこをどうやると、どれぐらいおちるとか
使う道具とか、除染の注意事項とか

実際に柏でやってきたことから学んだことを
お伝えしたいと考えています。

前回のシンポジウムは、とにかくやろうという部分はお話できたとおもいますが
なにせ、時間が短かったので
柏スタイルの除染
に踏み込むことはできませんでした。

今回の講演会では、主催者の柏青年会議所の方より
除染に関して、もっと具体的な話をしてくれないか?
相談を受けました。
自分がやろうと思ったときに、みんなでもイメージできる話をして欲しいといわれました。

なので、できるだけわかりやすく、経験からの話を中心に、除染ってのは
ハードルの高いものじゃなく、結果もでるというのをお話できればと思います。

お申し込みはこちら(柏青年会議所さんのHP)です。

今度はもっと細かくてもいいから、具体的な市民除染の方法を知りたいという方

参加費は無料です!!!

4月11日(水)までが申し込み期限だそうですので、どしどしご応募ください。

もちろん時間は30分ですが、やるべきこと、やろうとしている事にイメージのつく内容をお話できるように
努力は惜しまないつもりです。


【応募期限】
4/11(水)まで

【応募方法】メールまたはファックスのみの受付

①下記のメールアドレスに、代表者名・お電話番号・参加者名をご記入の上、
件名に「4/20講演会応募」と書いてお送りください。
②ファックス申込用紙 (ホームページよりダウンロード→ 4.pdf)に、
 ご記入の上お申し込みください。 FAX  04-7166-0707
※申し込みは最大4名まで、お一人様1 回限りとさせていただきます。
※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。 
※応募の際の個人情報は当落ご連絡のみに使用し、これ以外の利用はありません。

応募・お問い合せメールアドレス 
tsunagari.kashiwajc12@gmail.com 


担当:寺田 英史


メイン講演は、武田邦彦さんですので
ただでさえ、十分に盛り上がりそうなこのイベントですが、
僕は武田さんのように、話は上手ではないので

ここで子供を育て、住み続ける事を決めた人の視点で
このイベントで話そうと思います。


僕の話は、こんな内容をイメージしてください。


  除染本題
  ⇒ 基本的に高所から低所、水の流れの上の方から除染をする
   詳:窓→庭などの地面、傾斜のついているところの上→下
  ⇒ 庭木などの線量が高い場合は初めに庭木の除染・剪定から行う
   詳:落葉樹、針葉樹の判断、実際に計測をすること!
   詳:推測や理論をなるべく除染現場に持ち込まない。柏での経験のみ
  ⇒ 洗ったりしても効果が見られないときは、被覆も考える。
   詳:臨機応変に考える、通学路であれば、他の部分をがんばってトータルで下げるのも可、立ち入り禁止も可
  ⇒ 広域の場所の除染を行う場合は、作業後の再汚染が起こらないように、多人数で一斉に行う。

作業者の心得
(ア)作業中、放射性物質を吸い込まない。体に付けない
      詳:N95マスクや服装の徹底!帽子やタオルを巻く
      詳:作業後にすぐ洗濯、シャワーを浴びるなど
(イ)作業によって、放射性物質を散らさない。
      詳:高圧洗浄機など、水の流れを考えてやる、雨水枡などへのデッキブラシでの誘導
(ウ)放射性物質を薄めない(土壌の取りすぎを含む)。
      詳:危険物質管理の観点から農地の場合意外は、かくはんは要検討

汚染場所の種類別除染方法
1.  土壌
(ア)表土の剥ぎ取り
  ①土壌が柔らかい場合
  角型スコップで指定された深さまで均一に表土をはぐ。剣スコップは絶対に使わないこと(深く掘りすぎるため、汚染  されていない深い部分の土と表面の汚染された土を混ぜ合わせてしまう。取りすぎ、取り残しの原因)

  ②土壌が固い場合
  1人がレーキや金属の熊手で均一な深さで土をほぐし、1人が角型スコップですくいとる。

  ③細かい根っこなどが密集している(芝生以外)
  鍬(くわ)などで根を断ち切ってから、角型スコップですくいとる。
  詳:スコップを入れてみないと気がつかない場合が多いが、近くに大木などがあると根が伸びてきている。

  ④土の中に石がごろごろしている。(芝生以外)
  一番大変なケース。丁寧に石をどけながら作業
  詳:作業リーダーに遅延が想定される旨をを申告する

(イ)排水口などの濃縮汚染土壌
  局部的に数十センチの深さまで汚染が浸透している場合は、剣スコップはハンドショベルで深く掘りさげて除去する。  深い穴が開いてしまい危険なので、きれいな土で埋戻しをしておく。
  詳:きれいな土・川砂などを事前に準備しておく
  詳:やりすぎると排水官などが出てくる。

(ウ)芝生面...

などなど
スポンサーサイト
プロフィール

わんわん情報局

Author:わんわん情報局
FC2ブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。