スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線を子供にどう話すか? [ 講演会のお知らせ ]

例えば。親として子供に放射能って何?って聞かれることがあると思います。
例えば。教師として子供達に接していく中で、放射線のことに触れなければいけない状況があるかもしれません。

そんなとき。。。。

解をもっていますか?

不安だけ与えれば、行動は抑止できるでしょう。
反面将来にトラウマを残すリスクにもなるでしょう。

闇雲に安心だけを与えれば、
周りの子供から中途半端に伝わってくる情報との違いで、
大人への不信というリスクになるでしょう。


人により、家庭の方針により、そして教育の方針により
その教え方、教える内容は変わってくると思います。

しかし、自分が親だとしても
自分が教員だとしても、
放射線に対して、十分知識をえていますか?
その子供に何を話す、何を話さないを決める為に
どこまで話して、どう理解させるかを決める為に

自分が理解をしていなければ、
伝えられないと思うのです。


父は高校の教員をしていました。
年がら年中、本を読んでた記憶があります。
よくよく思うのが、本当に文学が好きなんだなぁって
日本語なんて誰でも話せるのに、、、なんで国語教えるんだろう?って

でも少なくとも、文学や国語を理解していたはずです。
理解していたから、生徒に教えることが出来ていたと思います。

知っていることと理解していることは違うんだと思います。

お父さん・お母さん
そして学校の先生にきいてほしい

柏には避けて通れない道があります。
それは、子供に放射能について、話したり
教育したりしなければいけないという道です。


放射能って何なのか、知っていますか?

まずは、自分が理解するところから始めましょう!

ちょっと難しい内容かもしれません、、、でも
ネットのデマなどに揺らがない知識というのは
やはり少しの苦労の上に確立されるものです。
努力して得られるものだけが本物です。

大変だけど、親も勉強しましょう。先生もいっしょに勉強しましょう。
講演会での説明に関する不明点は、つながろう柏までメールください。



『やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識』 

123456.jpg

本日 15:00より
USTREAMでリアルタイム中継をいたします。
サイトはコチラです。

この講演会の準備で1つうれしいことがありました。
それは、先生方が夜な夜な柏に住んでいる人の為に、いろいろ調べてくれて
正しく理解できる為に、柏向けに組み立ててくれたことです。
柏にすんでいる人の悩み・不安・ぶっちゃけ聞きたいこと・怪しいと思っていること
僕ら真剣だから、くだらないかもしれないけど、笑われちゃうかもしれないけど、
聞きたいし、知りたかったんです。
それにちゃんと向き合ってくれた先生方に感謝しています。

午後3時30分~ 開会の挨拶
午後3時35分~4時20分 田崎先生講演「やっかいな放射線とむきあって暮らしていくための基礎講座」
午後4時20分~4時35分 野尻先生講演「日本における内部被曝の現状 (食品検査とWBC) 」
午後4時35分~4時40分 (休憩)
午後4時40分~5時30分 質疑応答
質疑応答もしっかりできます!



<講師プロフィール> 田崎晴明(たざき はるあき)先生
学習院大学理学部物理学科教授。若い頃に米国プリンストン大学で2年間研究したあと学習院大学に落ち着き、物理の研究と教育に取り組んでいる。専門は統計物理学、数理物理学。「小さな『部品』がすごくたくさん集まって意外な面白いことをおこす」ような現象を理屈っぽく研究している。教育も大好きで、専門分野の教科書は(物理の専門書としては)けっこう読まれている。大学のホームページで10年以上書き続けている日記「日々の雑感的なもの」も以外に広い読者を得て好評。椎名林檎とPerfumeの熱心なファンでもある。

※田崎先生による解説「放射線と原子力発電所事故についてのできるだけ短くてわかりやすくて正確な解説」が webで公開されています

<講師プロフィール>野尻美保子(のじり みほこ)先生
高エネルギー加速器研究機構(KEK)素粒子原子核研究所教授
東日本大震災以降はおもにTwitterによる原発事故、放射能関連の情報発信で一般にも信頼を得る。昨年6月にガイガーカウンターの正しい使い方をレクチャーする『ガイガーカウンターミーティング(GCM)』を主催。知識の普及に努めている。東大柏キャンパス・数物連携宇宙研究機構(IPMU)へも、主任研究員として週に2回通勤中。

野尻先生のガイガーカウンター講習がマンガになってます。

3/21 UPDATE!
講演会の録画配信、資料はコチラにまとめてくださいました。
スポンサーサイト
プロフィール

わんわん情報局

Author:わんわん情報局
FC2ブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。