スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【「つながろう柏!」イベント】2012年2月18日(土) 民×公×学で挑む!オール柏の除染計画 ~ 安心へのロードマップ ~

今日は、つながろう柏!と柏市が共催するとても大事なイベントのお知らせがあります。

東日本大震災、そして福島第一原発事故から1年が経とうとしています。

柏市も特措法の「汚染状況重点調査地域」の指定を受け、
「除染」というステップに大きく踏み出しました。

が、なにしろ放射性物質は広い柏市全体に降り注いでしまい、
市だけでは力が足りません。

そこで、つながろう柏!は考えました。
この難局を乗り切るには、市、科学者、そして市民をはじめとした、いわば
”オール柏”で力をあわせるしかない、と。

考えてみると、今回のことがあるまで、エネルギーのこと、原発のこと、
ずっと行政任せ、専門家任せでした。
事故を招いてしまった背景には、私たち市民のそうした姿勢もあったと思うのです。

だから、もう人任せではいけません。


柏での私たちの生活、私たちの未来は、私たち自身の手で守りましょう!


”ホットスポット”と呼ばれるようになってしまった柏を、元の魅力的な街に戻しましょう!

そのためのやり方、それぞれの役割は、これから柏の出来るだけ多くの人で
話し合って、納得して決めていくものでなければならないと思います。

そんな思いで、今回、つながろう柏!と市は、除染についての公開討論会を企画しました。

柏市長の秋山 浩保さん
20101124105549_l.jpg
前回のタウンミーティングの後などに会いしたことがあるのですが、
よく言うと嘘つかない。悪く言うと?嘘つけない人でした。
だから秋山さんが言ったことは裏表とかなくて多分本当だと思っていいと考えてます。
ずっと柏の行政と秋山市長の発言の関係を見ていた方はわかると思います。
やらないといったらやらないし、やるといったらやる人です。
去年の夏ぐらいから本格的に放射線対策に乗り出してくれていますし、
今の柏市の放射線対策を積極的に進めてくれているキーマンです。


都市濃縮問題の森口先生
20111205-771825-1-N.jpg
省庁の方にもしっかり物をいい、正しい事をしっかり現実的に解決する方法論を持った先生だと思います。
環境問題(都市濃縮)など各方面に著名な先生なのですが、面計測のガイガーカウンターがカバンに入っていたり、どちらかというと現場に出て行って自分で確かめる方だと思っています。
意外とズバっと物をいう頼れる先生です。


地元・柏キャンパスの押川先生
187453_100000808495758_5564285_n.jpg
地元柏の東大柏キャンパスの先生で、東大有志教員一同で最初の柏の専門家によるミスリードを訂正してくださった勇気ある先生です。
もちろん、いわゆる御用系の先生とはま逆にいらっしゃる先生かと思いますが、今回のシンポジウムでは何より現状の認識、回復の為に地元柏の知見を最大限生かしてくださると思います。

つながろう柏!から代表の川田
test.jpg
平日は仕事して、休日はボランティアに明け暮れる代表です。
子供と、柏の為になることをまっすぐにやりたいし、それを主張する予定です。
今は柏の立場の違いを超えて、いろいろな人が協力してこの難題に取り組むべきだと思っています。


立場の違うそれぞれが、柏の為にはっきりとした対策を話し合います。



最後に
このブログを読んでくださっている一人一人の皆さんにもお願いがあります。
”柏ならでは”の除染のために、
シンポジウムを通して一緒に考えてみませんか?

ご来場をお待ちしています。






s218.jpg

民×公×学で挑む!
オール柏の除染計画

~ 安心へのロードマップ 〜


[日時]2月18日(土)
14:00-17:00(13:30開場)

[場所]さわやかちば県民プラザ(千葉県柏市柏の葉4丁目3−1)
http://www.kplaza.pref.chiba.lg.jp/

[参加]無料・当日先着順(470名)



[講演・パネルディスカッション]
◆森口祐一氏 (東京大学大学院教授)
「放射能汚染の実態に基づく柏スタイルの除染」

◆押川正毅氏 
(つながろう柏!明るい未来プロジェクト・アドバイザー
/東京大学教授)
「なぜ柏市で放射線対策が必要か?」

◆秋山浩保氏(柏市長)  
「市の除染計画について」

◆川田晃大 
(つながろう柏!明るい未来プロジェクト・代表)
「未来の為に、僕たちができること。」


[共催]柏市/つながろう柏!明るい未来プロジェクト    
[協賛]朝日新聞千葉北部朝日会柏支部/毎日新聞千葉北部毎日会柏支部/読売新聞千葉西部読売会柏支部
[後援]東京大学原発災害支援フォーラム/さわやかちば県民プラザ/
柏市教育委員会/柏商工会議所/柏市沼南商工会

[お問合せ先]柏市放射線対策室
04-7168-1036



※事前受付はございませんので、当日直接現地へお越し下さい (13:30開場)。
※内容については変更の可能性がございます。
※駐車場に限りがございますので、公共交通機関のご利用をご検討下さい。駐車場は有料になります。
※授乳スペース及び、お子様用のプレイルームは用意しておりますが、託児サービスはございませんので、ご了承ください。





追伸:柏にある新聞各社の販売店の柏支部さん(朝日会さん・毎日会さん・読売会さん)が協賛・協力をしてくれました。「オール柏」でこの問題に立ち向かっていくというのが、今の柏なら本当にできるっていうのを僕自身本当に実感できました。心より感謝申し上げます。
スポンサーサイト
プロフィール

わんわん情報局

Author:わんわん情報局
FC2ブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。