スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【それXXさんに聞いてみよう】 最終回

1月から企画・実行してきました
それXXさんに聞いてみよう!という企画
対策室さんからすごい大物の方にインタビューできました。
(実は2月から丁寧に準備をしていたので、10ヶ月かかりましたw)

僕らは、自分達で市を作るという考え方で
誰か任せにするだけでもなく、批判をするだけでもなく
自分達で自立して問題に取り組み、行政と放射線の問題に向き合ってきました。

この同じ方向を見て、市民も自分達の町の為に行動するということは
簡単に見えてなかなか難しいところでした
最初に「市民税はらってるから、市役所が全部したらいい」という考え方が
誰しも思い浮かぶからです。

しかし規模や人口に対してできることを考えると
自分達のニーズにあった、細かい対処は市役所+市民の形でなければ
なしえない時代になってきたんだと気がつきました。

人口減少の問題や経済低迷の問題もありますが
一人ひとりが忙しくなり、何に時間を割くかは重要な選択になりました。

ただ、まるっといってしまうと
これまでの行政と市民のあり方ではなく、変化できなかったところから
つぶれていく時代になってきたんだと思います。

行政は他人ではなく、その辺にいる市民が集まって運営してます。
問題があるときに、その運営にやらせるというのではなく、そこと協力して乗り切るという
頭の変化が必要なときだと思います。

町内会やいろんな地域の団体さんが、今回の「放射線」の問題では
自ら動いてくれています。
この時代に、都市部では異例の「協働」を成功させました。
これは、誰の手柄でも、誰が得するでもなく、「柏市民の変化」だと思います。

そして、今後の柏市にとって、行政の方の変化も大きなポイントです。
ともに歩む行政への変化を、お互いが意識して歩み寄ることが未来への財産だと思います。

柏市行政の方とのお話の中で
その思いや、人となり、変化の可能性を皆さんの客観的な目線で
感じていただきたく、、、

それ、XXさんに聞いてみよう! 最終回です。
どうぞご覧ください。







撮影にあたり、現職の市長さんということもあり、
多くの方にアドバイスや調整でご協力いただきました。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。
スポンサーサイト

正しい知識の為に

1月からつながろう柏では、それまでありがちだった市民団体の講演会の

出た人だけ分かるよ。参加した人だけお得だよ。

という風潮を打破すべく、企画した勉強会、計測の光景、除染の光景など
できるだけ記録して、公表をするようにしています。
情報は誰かがひとりじめするものではなく、必要とする全ての人のものです。

今日は、これまでの講演会の動画をUSTREAM⇒YOUTUBEにあつめてもらったので
まとめて公開させていただきます。

少しでも誰かのお役に立てればと思います、ご質問やリクエストなども受け付けております。


1月14日[京北ホール] 押川先生 講演①


1月14日[京北ホール] 押川先生 講演②


1月14日[京北ホール] 小豆川先生 講演①


1月14日[京北ホール] 小豆川先生 講演②


1月14日[京北ホール] 小豆川先生 講演③


1月14日[京北ホール] 小豆川先生 講演④


1月14日[京北ホール] 小豆川先生 講演⑤


1月14日[京北ホール] 小豆川先生 講演⑥


2月18日[千葉県民プラザ] 森口先生・押川先生・秋山市長・川田 講演


2月18日[千葉県民プラザ] 森口先生・押川先生・秋山市長・川田 質疑応答


3月10日[UDCK] 田崎先生 講演


3月10日[UDCK] 野尻先生 講演


5月12日[柏クレストホテル] 今中先生 インタビュー


まぁ、こうやって考えると1市民ボランティア団体としては
継続して放射線の知識の向上に関しても活動をしてこれたんじゃないかな?と思います。
情報局さんや役員の皆様のものすごい努力といろんな調整のおかげです。
この場をお借りして、つながろう柏!の方へもお礼を申し上げます。

そして、全ての先生方が善意で講演会を引き受けてくださいました。
それぞれの講師の先生方の誠実な思いに対しても、あらためて感謝の気持ちをあらわしたいと思います。

【わんわん情報局】 それXXさんにきいてみよう Vol 2

今回は、放射線対策室3期生の野口さんにインタビューしてみました。

なんと、2人のお子さんを抱えるママさんです。
こないだボンベイでばったりお会いしました。

3期生ということで、前回の大ベテランの松澤さんよりは
若干は不慣れなところもあるかもしれません。
ですので、今回は僕のほうが話している場面が多いかもしれません。

質問と回答がマッチしてないとか、ちょっとしたことは
リアル撮影なので何でもありです。

等身大の対策室の人達が
どういうことを考えて、そして柏の放射線対策が
どういう人達によって支えられているのか
そこを感じてもらうのが趣旨です。
それ2

百聞は一見に如かずということで、お時間のあるときにでもご覧下さい。
http://www.ustream.tv/recorded/21238427
もしくはコチラからどうぞ。

【わんわん情報局 新企画】 それ○○さんにきいてみよう

わんわん情報局も企画を立てました。

それXXさんに聞いてみようという企画です。

柏市の放射線対策は、放射線対策室という部署が前面に立ってやっています。

そこの部署の方がどれくらい本気で、どういう人で、どういう思いをもってやっているのでしょうか?

予算のあるなしにかかわらず、僕達の住んでいる柏市は

放射線対策を積極的にやってほしいのです。

だから、その柏の放射線対策の最前線である対策室さんが

この問題をどう考えているのか、その言葉を聞いてみたいと思いました。

松澤さんは熱い人です、役所にこういう人いるんだーって最初はちょっと驚きました^^

でも、今の放射線対策室の中心メンバーでやたらと行動力があります。

思いや使命感が嘘でなくて本物であれば、僕達が気がつかないことでも

言われなくても、どんどん対策を進めてくれるはずなのでそこがインタビューのポイントです。

そんなわけで、1発撮りでまんまお届けします!
(取り直しはしてません、なのですごくぶっ飛んだやり取りがいくつかありますが、
そこは天然モノの素材だということで、ご容赦ください)

オープニング

【親として】
 お子さんはいらっしゃいますか?いるのであれば、仕事を離れて、親としてみた場合の柏市の放射線対策というのは、どう思いますか?
【根戸の件】
 根戸の件はある意味で、柏の放射線対策を強力に進める起爆剤にもなったとおもいますが、あそこまで局所的に高い場所が他にもたくさんあるのでしょうか?これまで対策室に集­まってきた情報などから、正直教えてください。

その1

【新参者】
 対策室さんにはいろんなことにめげず、がんばって欲しい!大変でも最後までやりぬいてほしい。
 そこでズバリお伺いします、新しく新設されたばかりの放射線対策室。普通に考えると既存の室や課などから新参者扱いされて、連携などで難しいことはありませんか?あるんだ­ったら、どうやってそれを乗り切りますか?
【ビジョン】
 松澤さんはいつまでに、この放射線問題を解決したいと思いますか?具体的なそこへの展望はみえているのでしょうか?
【焼却灰】
 焼却灰の問題は、柏市行政にとって最重要課題であり、最難関の課題であると思います。まず、大丈夫か?というのは当然ありますが、そこは頑張ってもらうとして、
市民が何かで協力できることがあり、それで問題が解決するというのであれば、できることはしたいですが何かありますか?

その2

【ストロンチウム】
 震災後、メディアはヨウ素やセシウムばかりを取り合ていますが、他の核種は大丈夫なの?
先日の小豆川先生の講演でもおそらく柏の場合はおそらくリスクはセシウムだけと思ってよいとのことでした。
 でも、安心するには、やはり実際の計測のデータがほしいと思うのです。(もちろん、セシウム以外の各種を図るには、知識も機材も時間も必要だと思うのですが、だからといっ­て)計らない・計れないではなくぜひ柏の土壌をセシウム以外の核種でも検査してほしいのですが、市や県や国が柏の土壌を検査する予定はありますか?
【柏市の本気度】
 本当の本当に、震災後からずっと学校や園、公園が除染されることを切望していました。
 これがやっぱりやめたとか「無し」になることはないですよね?
すごく大事だし聞きたいことだったので教えてください。本当に大丈夫ですよね?あとでやーめた、とかいわないですよね?
もちろん、つながろう柏でもやるべきところ、できるところは協力します。

その3

Q8:弱み
除染計画の策定において、なにか気になること、弱いな?と思う部分はありますか?
エンディング:紹介してくださいのコーナー

【柏計測隊】1月22日に柏の葉公園の計測をします!

年明け初の計測場所が決まりました!



以下、柏計測隊ブログより転載。

■集合時間、場所
1/22(日) 9:00 柏の葉公園・多目的広場 

http://www.cue-net.or.jp/kouen/kasiwa/annai/map.html

ただし、天気が悪い可能性も高いので、
最終的な実施については、またご連絡致します。
(ブログを適宜チェックして下さい)
柏計測隊ブログ


柏の葉公園は広大ですので、是非、皆様のご参加をお待ちしています。
ガイガーカウンターなど放射線量計をお持ちでなくても大丈夫です。

1日がかりの計測になると思いますが、参加可能な時間帯だけでもちろんかまいません。

計測隊に所属されていない方も、是非ご参加ください。
kashiwa-geiger@live.jp
まで、ご連絡下さい。


プロフィール

わんわん情報局

Author:わんわん情報局
FC2ブログへようこそ!

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。